歯周病

歯周病
Periodontal disease

歯のマーク

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病です

歯周病は高齢者がかかる病気のイメージがあるかもしれません。
しかし実は10代の方のお口の中にも歯周病予備軍の兆候がみられることもあるのです。
歯ぐきの炎症から始まり、放っておくと歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気……歯周病。
歯周病について理解を深め、早期発見・早期治療そして予防につなげましょう。

気がついた時には手遅れ?歯周病の怖いところ

歯周病

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症で、30歳上の約80%が歯周病だといわれ、その8割近くが治療せず放置されている状態と推測されています。
歯周病は「歯を支える骨と歯茎を溶かしてしまう病気」というのが一般的で、溶けてしまった歯は二度と完全に元の骨の状態に戻すことはできません。
また歯周病は口腔内だけど病気だと思われがちですが、人体に様々な悪影響を及ぼすことが近年の研究で判明されてきました。
歯周病菌は毒素や炎症性物質を大量に放出することによって、血液から全身にまわり
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの血管障害を起こす危険性が高まります。

いつもお口が健康でいられるように

歯周病

歯周病は放っておくと、とても危険な病気です。
当院では、その予防から歯周病になってしまった後までしっかりとサポート、治療します。
患者様のお口の状態に合わせた歯磨き方法のアドバイスからはじまり、スケーリングといわれる歯石をとる治療、歯周ポケットの中を器具を使って除去し、汚れの再付着を防いだりなど総合的に歯の健康を保つような治療を行います。

お問い合わせ

TEL 0465-23-8887

急な痛みにもできる限り対応致します。
予約状況によってお待たせしてしまうこともございますが、まずはお電話ください。
お電話の際『ホームページを見た』とお伝えください。
スムーズに対応できます。
診療時間 / 曜日
9:30-13:00 -
14:30-19:00 - -

▲:土、日の診療は17:00まで
休:水、金の午後、祝

予約ボタン